人生後半、遊び人

食べて飲んで、好奇心のまま動き回ることが大好き。

なんとも温かな気持ちに

f:id:taijose412ouen:20240710090001j:image

やっぱり、心の癒しは "本" の存在。

 

今回は、「月の立つ林で」青山美智子氏を知り、

 

リカバリー・カバヒコ」

「お探し物は図書室まで」の2冊。

 

モヤモヤがたまって、ネガティブ思考から抜け出せないまま、悶々と‥‥‥

生きていたら、誰でも大なり小なり経験ありそうな問題が、

ほのぼのと、温かく収まっていく様が、嬉しい。

 

この本を一人でも多くの人が手にして、

ほっこりする気持ちを抱くことが出来たら‥‥‥‥あ~理想だなぁ。

 

繋がりながら、お互いに救われていくのも、微笑ましい。

 

心の持ち方、視点のかえ方、柔軟性をもって、誰にでも対応できることが望ましい。

が、忙しさにかまけて目先の事しか考えられなかったり、

疲れていたら、自分のことで精一杯だし‥‥‥

 

コミュニケーション不足も、かなり足を引っ張るし‥‥‥

 

まずは夫婦のコミュニケーションがスムーズで、風通しがいい家庭を築けていたら

子どももその背中で、学ぶことが出来るだろうが‥‥‥‥

 

わたしの両親は、仲が悪かった!

ゆえに結婚への憧れは無く、夫への好奇心(結婚後に即アフリカ行きが決まっていた!)からの結婚は‥‥‥‥なかなか‥‥‥覚悟がなかった⁉

 

いや!二人の子どもに出会えたことは、何物にも代えがたい!

 

話が飛んでしまった!

ただ、この本たちに、体調を崩して母を失ったばかりのわたしは、

とんでもなく救われた!‥‥‥感謝!