人生後半、遊び人

食べて飲んで、好奇心のまま動き回ることが大好き。

一喜一憂に意味がない

92歳の母、5月のサポート記録(11)

 

今にも逝きそうな状況と、落ち着いていく症状は、どちらになるか判断できないとの

担当医の言葉に‥‥‥‥今回こそお別れか‥‥‥‥

 

不安な毎日の面会が10日間。

( ,,`・ω・´)ンンン? 二日目から食事が提供されて、食べている。

三日目(?)酸素吸入量が減った。

5日目、点滴も外されている。

 

ただ、4月半ばの入院時には、ベッドで体を起こして、こっそりの差し入れを

喜んでいたが、今回は起き上がる事無く、斜めに起こしたベッドに身体を預けたまま。

 

腕も脛もふっくらモチモチだった脂肪が無くなった分の皮膚がたるんで皺に!

カサついて痒いというので、首から背中にかけて保湿クリームを塗る。

 

腕も脛も、毎日塗ってもカサつく。

「骨と皮ばっかになったて。」

「こんがにならんと、死なんねんだのう。」

「動かんねえのは、切ねえて。」

「早いとこ、終わりにしてえて。」

「慌てなくても、いつか終わりが来るから、心配しないで。」

‥‥‥‥こんな声掛けって、娘だからすんなり受け入れられるのだろうか?‥‥‥‥

 

峠を越えて、「対症療法」で症状が落ち着き、担当医から「退院許可」がでた。

 

母との別れが、遠のいたのは素直に嬉しいが‥‥‥‥

まるで真綿で首を締めるかのような、

じわじわとした「死」への道のり

「残酷」に思えて‥‥‥‥寄り添い方に戸惑うばかり。

 

片や夫、こちらの状況を伝えても、返信が無い!

寝たり起きたりの状況で、電話も憚られる。

「あっ!返信忘れていた!」

なんてこともよくあるからと、帰路につくとする。

 

5月の、再サポート終了!!!!

触ったり、踏んずけたり‥‥‥ナメクジ!

92歳の母が、1年間で6回目の入院となり、

終末期で限界を再度言い渡されて‥‥‥‥( ,,`・ω・´)ンンン?‥‥‥退院あり?

 

10日間ばかりの滞在で、寒暖差が激しかった。

エアコンが、朝は暖房で、午後から冷房

半袖を着たかと思うと、翌日は長袖に羽織が必要になったり!

 

そして、気温が下がって急激に上がった日は‥‥‥‥羽蟻が出現!!!!!

殺虫剤を使いまくり、掃除機で吸いまくり、連日掃除。

ようやく落ち着いたかとおもうと、換気中に "蚊" に刺される。

蚊取り線香の季節?

 

起床しようと、布団から手を伸ばしてスマホを探したら‥‥‥( ,,`・ω・´)ンンン?

冷たいぬめり感‥‥‥なんだろうとつまみ上げると

ぎょえ~~~~~ナメクジ!!!!!

 

‥‥‥‥触りたくなかった‥‥‥‥(⊙_⊙;)

実家は、湿気が気になる季節は、畳の上に "ナメクジ" 登場。

起床時と帰宅時は、ナメクジを確認していたが、隙があった?

 

台所と居間を行ったり来たりで、足元に "ナメクジ" を発見。

( ,,`・ω・´)ンンン?‥‥‥小さくて動かない?

げっ!!!!! 半分ちぎれている?‥‥‥踏んずけてた! (⊙_⊙;)

靴下の汚れ‥‥‥(⊙_⊙;) ひょえ~~~~  即行洗う。

スリッパの中にも汚れ‥‥‥‥廃棄処分。

 

わたしが毎月通っていなければ、

実家はとっくに「あばら家」だろうなと実感。

ハーゲンダッツ時々パルム

「母さん知っている?」

( ,,`・ω・´)ンンン?

「アイスクリームって三種類あるんだよ!」

「スーパーとかコンビニのラクトアイスは、やばい!TVで中身の検証をやっていて、

かなりやばい成分だった!」

最近娘から聞かされた。

 

トランス脂肪酸辺りが多量?

( ,,`・ω・´)ンンン?‥‥‥添加物を含めて、かなりの気になる成分で出来上がっている。

購入していた商品の "カロリー" だけを意識していた!

 

  • アイスクリーム
  • アイスミルク
  • ラクトアイス

加えて

乳脂肪分に変わるトランス脂肪酸が、多量に含まれていた。

高齢者だから今更と、以前は思っていたが、弱った消化器系を含めて

腎臓や肝臓に負担。

お酒が飲めなくなるとか、

夜中のトイレは極力避けられる期間を持続させたい (*´艸`*)

 

なのに、この2ヶ月は、甘くて冷たいものが欲しい!

”アイスクリーム” だ (*´艸`*)

アイスクリーム表記の商品。

 

母の入院サポートで帰省して、わたし頑張っているしお疲れさんだし

暑いし‥‥‥‥この10日間ばかりは、毎日食べた!

しかも、時には2個!

以前は、美味しくても間を開けて食べていたハーゲンダッツ

値段が高い事もあるけれど‥‥‥‥高カロリー(笑)

新潟の美酒(帰省すると、なぜか日本酒党に!)も楽しみ、デザートは

アイスクリーム (*´艸`*)

 

さすがに約300キロ㌍を毎日は、罪悪感が付きまとい、

時々パルム (*´艸`*)

 

92歳の終末期で限界といわれている母の入院サポート中なのに、

10日間ほどで、1㎏太っていまった!!!!!

 

まともな食事は、義務。口当たりのいいアイスクリームに

走ってしまった‥‥‥‥脳の疲れが甘さを要求したんだなぁと‥‥‥言い訳(*´艸`*)

 

賑やかな病室

92歳母、5月のサポート記録(10)

 

毎日の面会で、

「ぼうっとして時間が過ぎるのを待っているんだて。」

と言っている母だが、わたしが行くといつも寝ている。

その寝顔が、苦しそうで胸が痛む。

どす黒く、シミが浮いた顔が、生きている辛さを訴えているみたい。

 

大抵は、斜め向かいの耳が遠いかたの大きな声の会話で目覚めて、わたしに気付く。

 

あれこれと要求が減った分だけ、弱っているのかもしれない。

入退院を繰り返す度に

「これでおしまいにしたい。」と訴えるのも辛い。

 

気を紛らわせるのは、症状が落ち着いてからの僅かな(?)食欲。

 

柑橘類、バニラアイス‥‥‥‥今日は ”えびせん” !!!!

「あ~~久し振りで、”えびせん” が美味しかったて。」

ファミマのたい焼きは、要らないの?」

「いやぁ、食べたいこてね。」

 

なぜか聞き慣れたファミマのたい焼きに、ホッとする。

未だにカスタードクリームのたい焼きの美味しさが理解できないが‥‥‥

 

5人部屋だが、だいたい3人~4人で80代後半から90代後半の患者。

全員耳が遠い!!!!!

土日は、家族の面会が重なり、高齢の患者との会話が大声で‥‥‥(*´艸`*)

賑やか!!!!!!!

(  -_・)? という顔の超高齢者に声を張り上げる家族達(笑)

多少は聞こえのいい母が笑っている。

賑やかで、穏やかな時間。

わたし、人を殺した⁈

「なんだか、ばれてしまいそう!」

二人も殺したことが、世間にばれたら、まだやりたいことが出来なくなる。」

「どうしよう‥‥‥‥」

「色々考えて‥‥‥でも、発覚するのはしょうがない‥‥‥」

「しかも、盗みまではたらいてしまったし‥‥‥」

 

焦りの中で目が覚めた。

( ,,`・ω・´)ンンン?‥‥‥発覚する?

わたし、人を殺した⁈ なんでばれるんだろう?

何を盗んできたんだっけ?

 

えっ!

わたし、人を殺したことあった?

誰を? 何時だろ? どうやって?

 

確かにばれてしまいそうな不安でいっぱいだったのに‥‥‥‥と。

でも、殺したい人が居たかな?

夢だったと気が付くまでの、なんと長い事!!!!!!!

 

しかも、那須、夫婦殺害遺棄事件」で二人が殺されたニュースと、

「連続強盗事件」での犯人逮捕と、

先日再放送された「相棒」と、

全てがミックスされて、わたしは "犯人" になっていた。

 

メンタルが疲弊状況なのか、元々のどす黒さが夢で露呈したのか?

ず~~と、後を引く記憶が、追いかけてくる。

 

三つの条件が揃ったら、誰しも殺人が可能との本を読んだことがある。

殺意と道具と、タイミングだったかな?

 

それでも、精神が真っ当(?)なら出来ない気がするが‥‥‥‥

 

終末期で限界と言われている母を毎日面会する中で、”死” が身近に感じるからか?

たいした事をしていないのに、毎日夜9時には睡魔が訪れる。

頭は、確かに疲れている。

 

92歳の母、浮腫みが消えた!(笑)

92歳母、5月のサポート記録(9)

 

「酸素吸入の量が減りました。」

( ,,`・ω・´)ンンン?‥‥‥‥症状が安定してきた?

前日は、会話が数分で疲れた感じだったが、今日は、1時間も会話が続く。

こっそり差し入れた柑橘の果物を、美味しそうに頬張る。

 

たっぷり塗ったはずのワセリンも保湿クリームも、すっかり乾ききって驚く。

ゆっくりと話をしながら、マッサージを繰り返す。

さり気なく「一生懸命育ててくれてありがとう!」と‥‥‥

( ,,`・ω・´)ンンン?‥‥‥‥あんまり反応が‥‥‥‥ウルッを期待した!(笑)

もしかして、よく聞こえなかった?(笑)

 

あれ?‥‥‥‥足のむくみが無い⁉

薬の効果?

 

そしてしきりに、”お粥” はさんざん(飽き飽きした)だを繰り返す。

斜め前の患者さんが大きな梅干しをいくつも口にするのを眺めて、

味を想像しながら我慢して "お粥" を食べていると (笑)

‥‥‥‥こっそり、ふりかけだな‥‥‥‥担当医も、基本なんでもOKと言ってくれたし!

 

「ぼんやりして、時間が過ぎるのを待っているんだて。」

「TVみたらいいじゃない。」

「いや、あんまり見たくない。」

 

大人しそうなことを言いながら、

「あの部屋(施設の個室)に置いたまんまのチョコレートは大丈夫だかの?」

「大丈夫だけど、取りに行ってくるよ。」

「すぐじゃねえていいが。」

 

食べたいものが気になりだしたのはやっぱり、退院できる?

まぁ、ゆっくりと様子見としよう。

それにつけても、長生きの辛さ(?)をしみじみと感じる。

 

なんだか、また退院できそうな気配にホッとしながら‥‥‥‥

92歳の母、終末期で限界でも退院できるの?

92歳母、5月のサポート記録(8)

この1年間で、6回目の入院。

そしてまた担当医から、言われた終末期で限界発言。

 

入院から3日目、起き上がることも無く、眼を開けて話をするも‥‥‥

疲れて、間を閉じる。

顔の皺が、いやいや顔中が皺だ!

しかも、心臓が限界だからだろうか?栄養が末端に運ばれないせいで、

シミが大きく、痣のように広がり、

ふっくらとした優し気な(あくまで見た目)母が変貌。

 

カサカサになった顔に、ワセリンを手で伸ばして温めて塗る。

枯れ枝のようになった腕もカサカサ‥‥‥‥保湿クリームでマッサージ。

足裏をマッサージしながら、

右足の方が浮腫むのは心臓から遠いからかななんて考える。

 

それでも、点滴が外れ、食事が提供されて、食べている!

 

少し安心して、今日は新潟の美酒を頂く!

長丁場になりそうだから、覚悟をしつつ、お楽しみも確保 ♫‥‥‥