人生後半、遊び人

食べて飲んで、好奇心のまま動き回ることが大好き。

優しさに包まれて

母が入院してから、弟は母と口をきいていない。

担当医師に会わせてほしい旨を伝えて、看護師長の了解を得て、面会の運びとなった。

「花、買っていくよ。」

「いや、コロナ禍だし、置くところないし、無理だと思うよ。」

「花瓶だってないし‥‥‥」

「あのほら、花瓶いらないやつ。」

「あ~~フラワーアレンジメント?どうだろ?」

「まあ、一応持って行ってみる。」

 

‥‥‥昨日の発言と、なんか違和感!( ´艸`)‥‥‥‥

 

でもって、お持ち帰り~~~

「だめだった、姉ちゃんにやるわ。

「わぁ~、ありがとう~」

(。´・ω・)ん? この優し~い色あい‥‥‥‥趣味じゃない。

優しい気分にはなるだろうから、患者さんにはいいのか?

 

描くなら、分解して、はかなげに演出して‥‥‥‥

 

と、

「もう点滴だけになって、だいぶ元気になっていた。」

「わぁ~~~そりゃよかった!」

「三食食べているし、”三食昼寝付きだ”  って本人が言ってた。」

「そんな言葉が出るようになっていたなんてさ、本当に回復しているよね。」

「まだ個室だけど、”大部屋に移って死ぬかな” っておふくろが言ったら、体格がいいベテランの看護師が ”いっぱい事乗り越えてきたんだもん大丈夫ですよ~” だってさ。」

「なかなか気が利く看護師で、頼りになる。」

「花はやっぱりだめだって言われて、じゃナースセンターに置いてくださいっていったけど、それもダメだってさ。」

 

‥‥‥その行為だけでも、母にも看護師さんにも伝わったよ!‥‥‥

 

そしてわたしは、母が安定し、このフラワーアレンジメントを手に入れて、

帰宅したら描ける~~~~( ´艸`)‥‥‥

これこそ、三方良しだよ!

 

束の間の安定かもしれないけれど、弟が花を母に送る気持ちを持ち合わせていたことで

花の色だけじゃなく、”優しさに包まれた”  !!!!!

 

なるようになるんだ!ともう一度自分に言い聞かせる。

弟の発言に (;゚Д゚)ええ~~

「前世でよっぽど悪いことしたんじゃねえかな?」

「‥‥‥‥(。´・ω・)ん?

「おふくろの事。こんがに、もうだめかもしれないって言われながら、何度も蘇って来てるからさ。」

「なるほど!転生輪廻を信じているの?」

「単純に、生命力が強いだけかと思ったけど‥‥‥」

「それだけじゃないさ。こんだけ、ダメだって言われたんだぜ。」

「簡単には死なせないって呪い。苦しむだけ苦しみぬかないと、死ねないんだ。」

「もう、前世で散々悪いことしてきたんだなぁ。」

 

弟の感想に、あれ?マザコンじゃなかったの?と‥‥‥

「多分、98歳まで大丈夫!」

(;゚Д゚)ええ~~ と驚きつつ、今91歳ならあり得るなと‥‥‥‥

「おれは、68歳だからよろしく!」

「なにそれ!」

‥‥‥(。´・ω・)ん? 母と一緒に逝くってこと⁈‥‥‥

「姉ちゃんはさ、いろんな人の助けをする運命みたいなもんがあると思う。」

「無い!無い!無い!

「姉ちゃんは‥‥‥107歳まで生きる!」

‥‥‥‥絶対嫌だけど!!!!!‥‥‥

 

何なんだこいつ! 何もなかったように母のもとを訪れて、

調子よくわたしを褒め殺しにしたかと思ったら!

「姉ちゃんが、○○(弟の娘)と一緒におれの葬式やってくれてる姿が目に浮かぶし!」

「冗談じゃないよ~~~~」

「なんか、ここまで来たら、逝ったもん勝ちって気がする!」

 

10数年ぶりの弟との会話は、捉え方の視点の違いに度肝を抜くばかり。

母を看取るにあたってのすり合わせが出来たことで、あとはあるがまま。

なるようになるんだろうな。

手帳は‥‥‥大好き

ただいま使用中!

 

今週のお題はてな手帳出し

完璧なアナログ人間のわたしは、毎年手帳を手に入れている。

今年の手帳は、ポイントでお試しした手帳。

思った以上に、サイズが大きくて、沢山記入できるのは良かったものの、

  • いつもの小ぶりのバックに入りきらず
  • 最後の方に、東京や大阪の交通機関地図もなく
  • ビニールカバーもなく(適当に購入)
  • ボールペンを挟み込むリングもなく

 

いつもはシンプルなアイボリーの手帳を、ちょっとおしゃれな花柄に魅かれたばっかりに、小さなストレスを抱えてしまった!

 

来年は、迷うことなくいつもの手帳を  "購入"  しようと決めている。

 

約束や予約はもちろん、とりとめもないメモや、排便日誌 (*ノωノ) も、その場で感じた怒りも笑いも、歩数も記録。気になった単語も、ホテルも食品もワインも記録。

 

gagamama.jp

これが結構、役立っている。

以前は、日記を書いていたけれど、たくさん書き過ぎるので、後々の処分に困って辞めた。再読も、面倒くさいし‥‥‥

 

手帳は十年分は溜まっているので、古い順から確認して、処分していくつもり。

これが、新しい発見にもつながって‥‥‥‥知識を上書きしてくれたりする。

(。´・ω・)ん? 忘れて困らなかったメモって、結局要らないってこと?

 

でも拾って再確認、微妙に楽しんでいる。

延命措置の確認

電話でお話させて頂いた、新たな母の担当医は、心なしか

”若い、線の細い、ちょっと?”  な印象だった。

が、目の前のご本人は、若いけれども線は太目だった。( ´艸`)‥‥‥

 

外科から引き継いだ病状確認と、急変から今までの状況説明は、とても丁寧。

外科手術前に聞いた

  • 誤嚥性肺炎‥‥‥‥数値は改善された‥‥‥再罹患の可能性は大きい
  • 腎機能の低下の状況‥‥‥クレアチニンの数値は正常値に近い ただし、この数値だけで安心はできない
  • 心不全‥‥‥心臓の状態を示し言葉との説明の後、心臓弁膜症を抱えていると
  • 狭心症‥‥‥10年来かかえている持病と伝えると、その影響で心不全になった可能性があるし、弁膜症もその影響が大きい

いづれにしても、急変から脱したとはいえ、高齢で全身の衰弱は変わりない。

 

あらためて、母が  "心肺停止"  になったときの 「延命措置」を具体的に伺う。

  1. 心臓マッサージ‥‥‥若くても、肋骨は折れる(高齢ならば、バキバキでしょう!)
  2. 気管挿管‥‥‥痛みや不快感が強いので、全身麻酔で行う(母が大腸手術後に経験済み‥‥‥かなり苦しんでいた)
  3. カテコラミンの点滴‥‥‥大量に投与して心臓の収縮能をあげる

「そもそも、心臓が弱り切って停止した高齢者に心臓マッサージが効果を発揮することは無いでしょう。どの措置も、大変な苦痛を伴う行為です。

 

TV番組や、本での知識よりも生々しく、残酷さが伝わる。

「若ければ、快復も早いです。その後の人生を考えたら、行いますが、ここまでのお年の方には‥‥‥」

 

こうしてわたしは、「延命措置」の拒否を自分に落とし込んだ。

 

※除細動は、不整脈の時に使用し、一度心臓を止めて動かすことと確認。心臓マッサージとついで行うと知る。

 

91歳母の顔

病院からの緊急連絡を受けて、新たな母の主治医から病状を聞いた。

最初は整形外科(大腿骨転子部骨折)、次に外科(S状結腸憩室穿孔)、そして心臓機能の低下で今回は内科

 

夜中の息苦しさの訴えから、2回の大きな手術で体力が落ちている中、傷口付近で炎症を起こしている可能性と、血栓が飛んだ可能性が考えらること。

それに対して、抗生剤の投与と、血液を溶かす薬の投与で、とりあえず安定したと。

 

そして、超高齢で心不全を抱え、大きな手術を立て続けに二回受けた身体の消耗から考えて、万が一「心肺停止」になったときの「延命措置」のお話。

もっと具体的に、病状を聞きたいし、延命措置によるデメリットを、対面で確認したくて、主治医と会う約束を取った。

 

ダメもとで、約束前に母に ストーマケア必要物品” を届ける際に

「母に会いたい!」を伝えた。

「少々お待ちください。」の後、「本当に特別です。」と。( ´艸`)

「娘さんに、会いたがっていましたよ。」(^///^)

 

10日以上前の相談員が撮影した母は、別人だった‥‥‥

「あっ!顔が戻っている!頑張ったねぇ。」

弱弱しい、かすれた声が帰って来る。

手を握ると

「まぁ、もう思い残すことはねえのう。」

「ええっ、○○(弟の名)にも会わなきゃ。」

「こんがに、心臓が弱っていたんだのう。2回も手術するんじゃねかったて。」

「わ~かい(若い)つもりでいたけどの。」

「えっ!いくつだと思ってんの?」

「2回しないと、もう死んでいたよ。」

「死んでいても、いかったて。」

「自分での、少しでも動かんねえと、ダメだの。」

「すぐ、眠ってなっていつの間にか寝てるて。」

まだTVを見る気にもならず、かなりの衰弱。

 

それでも会えてよかった!素直に嬉しい。‥‥‥‥ごめん、毒母だなんて思っていたこと。口にしたこと無かったけど‥‥‥‥

思いがけずに母に会えたことで、ほんの少し安定したことを確認できた。

2~3分が気になりつつ、看護士に声かけられるまで、手を握って会話し続けると‥‥‥

母がすっかり疲れた様子。

必要なものを確認して、帰路につく。安堵感、大きい。

 

ಠ_ಠ 着信‥‥病院

朝起きたら、まずスマホをチェック。

(。´・ω・)ん? (。´・ω・)ん? 充電切れている?

初めてだ。

 

おもむろに起きて、充電を始める。

こんな時に限って、なんかあるような~~~~

(;゚Д゚)ええ~~ 病院からの着信が、明け方から3回!

わたしに連絡取れないと、弟にいく‥‥‥多分彼は仕事柄爆睡中❗

即座に病院に連絡を入れて、確認。

夜中に母の様態が急変し、検査から処置に至った旨の連絡と知る。

胃がきゅんと固まる。

「お昼過ぎに、主治医から病状説明の連絡が行きます。」と。

 

  • 着信は、前回のように立て続けには無かった
  • 従姉からのラインも、「病院から叔母さんの病状が悪化したと連絡があったよ。」の一回のみ
  • 主治医の病状説明が昼過ぎ?

冷静に考えたら、前回よりは深刻じゃない?

考えながら、帰省の準備を始める。いい方に考えて、悪くなっていたら?

もうじき帰省の予定だったから、早めになってもいいし‥‥‥

 

弟にも連絡を取り、悶々とするより、主治医の説明を受けてから出かけた。

 

煮え切らない説明と、「延命措置」の確認を受けると、万が一がすぐにもやって来そうに感じる。はやる気持ちで高速を走ると‥‥‥‥速度が上がる!

いやいや、落ち着け!‥‥‥速度が!

1時間走って、高速を降りた。わたし、危ない!

 

91歳の母親は、いつ逝ってもおかしくない状況をもっと受け入れなくちゃと。

存在の大きさをまたまた認識しつつ、自分をなだめる。

 

夏物の布団カバーや、ベッドカバー類を洗濯して冬物を準備しよう!

細々とした片づけは、いくらでもあるし‥‥‥‥

今できる事と、わたしの体調管理と‥‥‥‥落ち着け! ( ´艸`)

際どいラベルで、ジューシーワイン!

🎵収穫したブドウをミルフィーのようにガメイシャルドネを交互に重ね合わせながら投入🎵 

(;゚Д゚)ええ~~ ロゼじゃない⁈

 

で、気が付いたのが、ボトルのラベル! なるほど‥‥‥こう来るか‥‥‥

日本じゃあり得ないかなぁ~~~( ´艸`)

 


生産者 : レミ・デュフェイトル

ワイン名: ミルエフ

フランスボジョレー地方  ガメイ50% シャルドネ50%

 

  • 10日間のセミ・マセラシオン・カルボニックを行い、熟成瓶詰したワイナリー初の試みのワイン。

マセラシオン・カルボニックとは、酸素の無い環境で無傷のブドウを房ごと放置することで細胞内発酵を生じさせる醸造技術。

  • エレガントでジューシー!ガメイの果実感と、シャルドネの厚み、二つの品種の個性がバランス良く混ざり合った素晴らしい完成度。新感覚のワイン。

 

好奇心をくすぐりまくる説明に、ワクワクが止まらず、当然購入。( ´艸`)

わたしを元気にしてくれるなら、お値段には目をつぶる。

 

香りは、ロゼっぽい華やかさ。ガメイが、ボージョレ地方で有名なボージョレ・ヌーヴォーに使われている品種だからかな?

味は、タンニンが柔らかく、シャルドネの厚みのあるジューシーさが、初秋に頂くのに丁度いい。赤と白のそれぞれのブドウのいいとこどり!

 

新感覚のナチュラルワインは、やっぱり美味しい!

突然食べたくなったシシャモにも合う。

子供が幼いころ、マイホーム建築中に”貧乏ご飯”のお供でした!

 

gagamama.jp

 

ときどきむしゃむしゃっと頂きたくなる  ”ししゃも”

  1. シシャモを軽く片栗粉をまぶして、フライパン焼く。
  2. 大根おろしをったっぷりかける。
  3. 大葉の千切りとブロッコリースプラウトを載せる。
  4. お醤油少々とレモン汁をたっぷりかける。

心と体と‥‥‥‥労わりました。