人生後半、遊び人

食べて飲んで、好奇心のまま動き回ることが大好き。

142㎝‥‥44㎏

90歳の母、5月のサポート記録(3)

帰省すると、デイサービスの連絡ノートを確認する。

体重が44㎏!!!!  痩せた!

母の身長が142㎝だから、44㎏は、決して痩せてはいない。( ´艸`)

半年前、倒れて入院する前は48㎏あった。

その2~3年前は、50㎏以上あった!!!!

マックス56㎏。ずんぐりむっくり。

首もなく、歩くより転がった方が早い体形。

わたしより、15㎝も低いのに、体重は常にわたし越え。

 

「お母さんの、体重が徐々に減っていますけど、大丈夫かな?」とケアマネさん。

「糖尿病とお聞きしていますし‥‥‥」

 

糖尿病の数値は、高止まり中。

本人は、コンマ1減っても、良くなったと喜んでいるが、コンマ1の増減を繰り返しているだけで、完璧なる糖尿病。

近ごろの体重の減少は、自分で買い物に行くことが出来なくなり、菓子パンやお菓子類を好きなように買えなくなったため。

以前は‥‥‥‥「めんどくさいから、昼は大福三つにした。」

「三本入りのお団子、一本づつ食べようかと思ったけど、美味かったから一度に全部食べた。」という生活だった。

結果、生活習慣病を丸抱え!

 

現在週一でシルバーさんに買い物を依頼しているが、彼女なりのプライドか、菓子パンやお菓子を頼めない。

決して、極端に食欲が無くなったり、糖尿病悪化のせいではない。

身近に、食事以外口にする物(甘いもの)が無い!(笑)

その食事も、最小限とはいえ、自身が動かなければ食べられない。

 

鰯丼と、具沢山味噌汁

今日のランチも完食し、桜餅も食べていた。

ただ、その食欲のままに食事を提供すると、さすがに90歳の消化器官は、悲鳴を上げると、

前々回学んだので、消化のいい食材に気を配っている。

 

高齢者の体重減少は、筋肉減少だ。

ただ、膝関節変形症にとって、体重減少は、痛みの軽減につながる。

何を重視するか?

痛みが減ったら歩けるのだが、筋肉が減ったら、歩けない。(´;ω;`)

 

‥‥‥身体の歪みと、筋肉は重要と、心する‥‥‥

弟も、疲弊

介護帰省で帰宅。

(。´・ω・)ん? 

「○○(弟の名)帰って来たんだ。」

「なんか言ってた?今後の事とか。」

「なんも。台所でご馳走作ってくれたりして、あんまりしゃべってねえこて。」

‥‥‥ほぅ~ご馳走ねえ~‥‥‥息子が料理するとご馳走?‥‥‥

‥‥‥2年半ぶりの帰省なら、ご馳走して、当然か。‥‥‥

‥‥‥う~~わたし、心が貧しい  (*ノωノ)‥‥‥

 

「うん、ほんの二日ばか泊ったばっかだからの。」

聞かなければ、母は答えない。まぁ、いいや。

 

ケアマネさんが弟に「どんな状況か一度見た方がいい」と、電話を入れてくれたことを母は知らない。知ったら、わたしの差し金と憤慨するだろう。

 

と‥‥‥母が、弟の様子を語り始めた。

腰の調子が悪くて、姿勢がおかしかったらしい。「その年で、そんがな状態じゃ困ったのう」に、針治療に通っていると返したらしい。

(;゚Д゚)ええ~~ 剣道に始まり、柔道、空手!柔道が初段で、空手は二段だった気がするが‥‥‥長年の長時間椅子に座ったままの仕事のせい?

バブル期から、締め切り迫って、徹夜なんて当たり前の世界に居たなぁ~

確か、スイミングで体力維持していたんでは?

いやいや、彼も還暦を迎えたんだ!

 

昨年は、永久歯を3本も抜いた(恐!)と聞いたし‥‥‥‥

インプラントにするとか  (;゚Д゚)ええ~~‥‥‥‥3本で、100万円はかかるんじゃない?

 

なんだか、同情が‥‥‥‥

実家の台所の流しは、身長142㎝という小柄な母に合わせてある。

157㎝のわたしでさえ、1日ここで料理をすると、腰が痛む。

175㎝越えの弟‥‥‥(;゚Д゚)ええ~~‥‥‥「(調理中)椅子に座ってた。」と母。

 

なるほど、帰省が遠のいたのはコロナ禍だけが理由ではなかった?

連絡をスルーしているのは、”プライド?”

説明したら済むことを!

 

こん後の相談、わたしが押しかけて確認するしかないのか?

東京方面、なんかしり込みしてしまう。

話し合いの無い、メンドクサイ家族!‥‥‥我が家に通じる?(笑)

恐るべし卒寿の食欲?

90歳の母、5月のサポート記録(2)

母一人の時は食べられない食事にしようと、スーパーで「白エビ」発見!

湯がいただけで、旨味と甘みが絶品  ( ´艸`)

簡単な海鮮丼と、鰹だしが効いたブロッコリーと油揚げのお味噌汁。

 

デザートに抹茶のモンブランと苺。

わたしが昼食の準備をしていると、母は早々にぱくつき、ご機嫌。

多すぎたなぁと思いきや!

母、完食。Σ(・□・;)‥‥‥お腹壊すかも?

 

(;゚Д゚)ええ~~  わたしが片づけをしていると、袋菓子を開けて食べている!

「まだ食べられるの?」

「別腹だこてね。」とにっこり‥‥‥‥怖い!‥‥‥

別腹、洋菓子食べたのに、二段階の別腹?

 

わたしがお先にこの世を失礼することになる?

その前に、帰省どころじゃないなぁ~

どうする長寿社会‥‥‥怖い

卒寿の理解力?

90歳の母、5月のサポート記録(1)

「ただいま~」と介護帰省。

「まぁ!  明日来るんじゃなかったんだか?」

「カレンダー見てよ。丸印まで昼の配食サービスがあって、この日に帰ってきて、夕飯作るよって先月も間違っていたから、丸付けたんだよ。この日に来るよって、2回確認したの。」‥‥‥あっ!否定してしまった!まずい?‥‥‥

「そんがんの聞いてねぇこて。」

「じゃ、次の6月の予定を丸書いて、わたしが帰宅って書いておくよ。」

「そうだか‥‥‥」

‥‥‥母自身が忘れていたらしいと感じたらしく、声が小さくなっていく‥‥‥

 

「明日だと思ったから、さっき車呼んで(タクシー)かいもん(買い物)行って来たこてね。」

台所に、玉子や竹輪、おにぎり、稲荷ずし、お惣菜と共に

「餡パン」と「苺」!!!!

糖尿病を悪化させるから、菓子パンを食事にしちゃいけない。

腎機能が悪化しているから、果物は控えなくちゃね。

何度も、言ってたこと‥‥‥記憶していない?

しかも母は、

「苺なんか、食ったかて、食った気がしね~から嫌いだ。」と言ってたはず。

 

う~ん、90歳!糖尿病が悪化したところで、腎臓の数値が悪化したところで、体調のいい日が無いんだから、食べたいものを食べた方がいいのかな?

 

卒寿の母、

認知機能障害‥‥‥大丈夫そうでも、理解力や記憶力‥‥‥急下降!

 

旬を味わう

信州で暮らして20年余り。

う~ん、山育ちではないし、村暮らしとはいえ比較的村の中心に近くて、住宅も建て込んでいる。‥‥‥都会とは比べものにならないが‥‥‥(笑)

山菜取りは、正直解らない。

有難いことに、同じ趣味のお仲間から、採れたての”蕨”を頂いた。

実は‥‥‥‥独身時代は蕨とゼンマイの区別もつかず‥‥‥(*ノωノ)

今は、下処理のあく抜き、大丈夫。

 

ところが最近は、山菜を手にする機会がめっきり減って、早々に処理して翌日頂こうとしたら、肝心の重曹が、掃除用しかない!

「掃除用の重曹じゃだめかな?」

「そりゃ、ダメだろう。」料理音痴(?)の夫がいうから辞めた。

 

ほんの一握り蕨のために買い物に出かけるのは、面倒で‥‥‥ググる

 

あった!蕨100gにつき小さじ1の塩。

で、かぶるほどの熱湯を注いで、6時間以上放置。

 

f:id:taijose412ouen:20220519181407j:image

放置した蕨に鰹節をまぶし、醤油:水=1:1で和えて、また放置。

‥‥‥このアレンジは、我流‥‥‥

出来た!

ついでに、焼酎にドライ清美オレンジのスライスを漬け込んで、お湯で1:2で割ったお酒をお供に頂いた。

 

別々で、美味しい(笑)。

焼酎が、爽やかに変身しすぎて‥‥‥蕨と合わない!

残りは、明日、冷酒で頂くかな。

 

旬の山菜に、身体が喜ぶ体感。

じっくりと旬を確認してから、

爽やか焼酎を軟骨付きの豚肉(今日も豚!)の中華風煮込みで楽しんだ。八角オイスターソース、黒糖で煮込んだこってり豚肉は爽やか焼酎にあう。

 

食べて、飲んで感謝!

逃げる、夫

昨夜は、夫婦別々で同じTV番組を見ていた!  ( ´艸`)

昨夜だけでなく、24時間365日、わたし達は別行動。

「卒婚」と思っていた。

夫‥‥‥掃除・食器洗い・庭掃除・草取り・庭木の剪定等々、全く無視!

 

で、昨夜のTV番組‥‥‥さんまさんの‥‥(。´・ω・)ん?タイトル?

”妻の地雷を踏みまくる、ダンナ軍団のお話” 

だったと認識している。

 

わたしが刺さった言葉

「家事は家庭内の仕事」「男は、家事を下に見ている」

男じゃなくても、家事は下に見ていた。

「専業主婦」と名乗るときの、あの恥ずかしさ!卑屈な気分も伴い、わたし家事やっているだけの人間‥‥‥位に、感じている。‥‥‥多分、今も‥‥‥

「絶対働いちゃダメ」とのお達し(夫)は、

「社会生活を送る能力無し!」と宣言された屈辱と捉えてトラウマ?

 

そこはさておき、日本の男尊女卑・家族制度の感覚の息は長~~~~い。

両親や、周囲からの影響が強く、「それ違う!」と思い、口にしてきたつもりが

肌に染みついている。

 

夫は6学年うえで、大正生まれの母親を持ち、しかも歴史の町で育った。

「亭主関白じゃないよ。」は、そっくり裏返しだったし!!!!

TV番組で知った。今も、ちっとも進化していない!

「言ってくれたらいい‥‥‥」

「何をしてほしいか、言ってくれたら‥‥‥」

まるで小学生発言を、恥ずかしさのかけらもなく言っている。

 

そして今日キッチンで、夫に

「あれっ?  なんでこれをここに置くの?  場所違うけど‥‥‥」

(。´・ω・)ん?  逃げてる?」

「だって、昨日の番組で逃げろって言ってたじゃない。」

そっか、そこはインプット。妻の思いは‥‥‥‥絶対忘れている。

今後も、ひたすら逃げるだけか?

 

卒婚思い出して~~~~~~~

自分の事全部、家事半分、実行願う。

 

 

昼も夜も、豚

ビタミンB1信仰(疲労回復!)を持つ私は、昨日のお昼も夜も

豚肉+ニンニク・玉葱

 

昼は焼き餃子!

焼き餃子と中華風卵スープ

豚肉ともやしとニンニクで、焼き餃子をラー油とお酢で!

もやしの根を摂って、粗みじん切りにして加えると、食感が楽しい。

調味料にオイスターソースと赤みそを加えるので、頂くときは、醤油無し。

 

スープは乾燥シイタケ、冷凍ストックのしめじと、滋養強壮に効くセロリの千切りを鶏ガラスープの素で煮込んで、水溶き片栗粉を入れて沸騰したら、溶き卵を流しいれて完成。

 

夜は‥‥‥‥(*´σー`)エヘヘ‥‥‥ビールを飲みつつ‥‥‥調理。

豚ロースのトマトと野菜のソース
  • セロリ・玉葱・人参・パプリカを千切りにして、ニンニクはみじん切りでオリーブ油で、しっかりじっくり炒める。
  • トマトジュースを加えて煮込む。
  • 煮込んでいる間に、豚ロースの筋を切り、お酢で少々湿らせてしばらく放置。
  • 豚ロースをキッチンペーパーで水気を切り、塩胡椒、ナツメグで味付けして片栗粉をまぶす。
  • スキレットに薄くオリーブ油をひき、豚ロースをこんがり焼く。
  • 豚ロースがこんがりしたら、煮込んでいたトマトと野菜のソースを適量投入。

豚ロースに軽く味付けしてあるので、野菜の旨味とトマトの酸味で、調味料無し。

ナイフとフォークで、赤ワイン(ピノノワールと!

ナッツ(アーモンドとクルミ)とデーツもつまんで、ちょうどよかった!

 

好きなものを、適量頂くって、自宅以外はかなり難しい。

何とか方法を考えよう‥‥‥‥旅は、好き!