人生後半、遊び人

食べて飲んで、好奇心のまま動き回ることが大好き。

母 迷いごと

90歳母、1月のサポート記録(4)

「○○子(母の姪=わたしの従妹)は、「昆布巻」持ってきてくれっかのう?」 「(。´・ω・)ん?」 「毎年、暮れに、自分で作った昆布巻きを持ってきてくれんだて。」 「今回は、この大雪警報だし‥‥‥無理じゃないの。」 律儀な従姉は、大雪の合間をぬって「昆布…

90歳母、1月のサポート記録(3)

帰省サポートが3週間を超えた。 母は、主治医や担当看護師のご意見を大きく裏切ってくれた。 下の世話や施設の選択等を頭に入れて臨んだので、少しホッとしつつ‥‥‥ 「何くそと、思ったこてね。」と母。 病院での心無い看護士の言動に、息巻いたらしい。 そう…

90歳母、1月のサポート記録(2)

寒さがほんの少々緩んで、気持ちも少~し、柔らかくなった。(*^-^*) ・寒い台所 → しっかりと隙間をふさいだ。 ・雨が降って → 雪かき解消。 今後の雪かきは、忍耐力と筋力のトレーニングと捉える!( ´艸`) ・どんよりした雪空は → 気持ちが落ち着くよね。(…

90歳母、1月のサポート記録(1)

12月の後半から帰省し、母のサポートが始まって2週間余りが経過。 ‥‥‥‥正直、キツイなぁ‥‥‥‥ 何が原因か? とにかく寒い。(隙間風、古い家屋!) いきなり寒波で、連日雪かき。(追いどまりの家!で、吹き溜まり!) どんよりとしたお天気が続く。 母は、全…

いきなり大雪警報!‥‥‥憎まれ口 (´;ω;`)

覚悟しての帰省とはいえ‥‥‥‥(´;ω;`)‥‥いきなり、数年に一度の寒波到来。 寒さは一段と厳しさを増し、車が出せない! と嘆きつつ、久しぶりに歩いてみたら、なんか懐かし~~( ´艸`) 歩道と車道の差が解らない。 人の姿‥‥‥‥見当たらないが、車も少ない。 当…

買ってよかった

今週のお題「買ってよかった2021」 この冬、帰省して卒寿の母と過ごし始めた。 築60年の "ぼろ家” は、安普請の増築・やっつけ仕事?の繰り返しで、隙間風。 3回の大きな地震で、歪んで、隙間風。 6畳間にエアコン28℃設定で、石油ファンヒーターも使う。 灯…

卒寿の母、退院帰宅

ケアマネさんの計らいで、介護ベッド・イレクター(歩行器)が準備出来た。 イレクターを使うにあたって、周囲を片付け処分の必要性を母に説得できる! 「断捨離」のチャンス到来! ( ´艸`) 当然、処分良しの物の処分中に 母のメモ 台所の隅から、誇りまみ…

奇跡の人!!!!!

「お母さんの今後ことで、お話があります。」 ケアマネさんと相談員さんからのお呼びがかかった。 卒寿の母、緊急入院から早20日。 「今の状態、見て頂くとお分かりになるかと思います。」 県境の峠から こんな時も、帰省までの行程の変化を見たくて、下道選…

「叔母さん、退院するって!」

「今日、叔母さんから電話があって、 明日退院するからわたし(従姉)に迎えに来てくれって言ってるんだよ。」 従姉からの電話。 従姉はわたしの実家から車で20分程。‥‥わたしは県外。高速で3時間余り。 「(;゚Д゚)ええ~~~動けるってこと?」 「大丈夫なの…

かかこ(妻と子供)食わせらんねで、どうすんだ!!!!

現在卒寿の母は、当然戦前の生まれ。 当然、「教育勅語」を暗記し、「家族制度」の中で育った! 「家族制度」が廃止されてから結婚したはずが‥‥‥‥ 本人どころか周囲も、そんな情報などつゆ知らず、 夫は外で働き、妻は家庭を守るを、良しと生きてきた。 その…

ちょっといいこと‥‥

今週のお題を見て‥‥‥ちょっといいこと‥‥‥? 「海」に会いに( ´艸`)行くことが出来たのは、とってもいいこと、でした! チャージしておいて、本当に良かった。 可能な時には、即チャージしようと学習出来た。 この年齢、年代は、家族や自分にいつ何が起こる…

コロナ禍の入院

「骨折した!」との母の言葉とは違って 「尿路感染症」で夜中に緊急入院との連絡を受けて、翌日駆け付けた。 いつもはのんびりと、コロナ禍もあって(?)というより、節約‥‥‥ というより、6時間かけることで、母と向き合う体制が出来上がる。 帰路は、”クー…

晩秋が今のわたしか?

薔薇に魅せられて10数年? 母から実家のピンクの薔薇を苗ごと貰い、我が家で育てて20年近い。 ゆっくり向き合うことが出来ないまま、今年も、これこそ最後の蕾。 冬枯れて寒々しいのに、紅を刷いたような色を付けて、凛と佇む。 人生の最期はこうありたい!‥…

90歳母、11月のサポート記録(5)

1週間の滞在を終えて帰宅。 「もう帰るんだか?まぁ、一時(いっとき)だったのう。」 この言葉の変化に、母の衰弱を知る。 5年ほど前ならば、滞在3日か4日目には "愚痴・悪口・昔話" の オンパレード!!!! ‥‥‥見苦しさの三種の神器だよ!‥‥ 愚痴・昔話・説教…

90歳母、11月のサポート記録(4)

シロアリ駆除と床下修理前、雑然とものであふれかえっていた母の場所。 全てを隣の部屋に移し、痛んだ畳を新しくした。 (;゚Д゚)(;゚Д゚) 母の気持ちに変化!!!! あれほど「足下が危ないから、片づけよう!」と言っていた返事が 「全部いる(必要)もんだ!」とか…

90歳母、11月のサポート記録(3)

新型コロナウイルス感染拡大が鎮静化しつつあるが‥‥‥ 母の通うデイサービスの施設は、県外からの人間との接触で、デイサービスを一回お休みさせられる。ここよりド田舎の人口9000人足らずの村からdoor to door での帰省サポートへの配慮が無い! ただ、最近…

90歳母、11月のサポート記録(1)

11月の帰省の楽しみの一つが、紅葉。 山道全てが、燃えるような秋色に染まり、絵画の中に紛れ込むような錯覚に導いてくれる。( ´艸`)‥‥‥山脈は見事な「ゴブラン織り模様」が繰り広げられる! 空気も心なしか、透明感で、清々しい。新型コロナウイルス感染拡…

90歳母、10月のサポート記録(5)

母のサポート帰省、往復お天気に恵まれることが多い。 多分、98%位の割合で 「快晴」。 青空が広がる中、既に稲刈りが終わった田んぼや、稲穂が重く頭を垂れていたり‥‥‥‥ ススキとセイタカアワダチソウが群生する中、時折秋桜が揺れている。 10月らしい景色…

白アリの恐怖‥‥90歳母、10月のサポート記録(4)

確か、今年の5月?6月?に帰省中、居間に大量の白アリが発生! その何年か前から、部屋に「蟻」が出ることから、蟻専用の殺虫剤を購入してあった。 出てくる蟻を次々に殺虫スプレーで処分しつつ、掃除機を唸られ続け、ほぼ1日がかりで片づけたはず‥‥‥‥なわけ…

90歳母、10月のサポート記録(3)

「まぁ、またお前に怒られっかのう。」 (。´・ω・)ん? わたしって、そんなに怒っている? 母は、汗ばむとすぐに着替える。この季節の変わり目は、寒さに合わせて着こむので、昼に近くなると着替えている。多分1日2~3回? 洗濯の回数が半端ない。 洗濯用の…

90歳母、10月のサポート記録(2)

艶やかな秋 卒寿を迎えてからというもの、母はすっかり気持ちが弱くなっていく。 「おれさあ、〇〇荘が菩提寺の真ん前だし、あのしょ(3歳上のお友達)もそこにするって言うからさ。そこに行くて。」(;゚Д゚) 「特別養護老人ホームに行くって決めたの?でも、要…

90歳母、10月のサポート記録(1)

帰省早々、帯からバックにリフォームした代物に「おぉ~~」といたく感心してくれた。が、パープルの軽くて機能的な斜め掛けバックを見せたら‥‥‥(。´・ω・)ん? やっぱり、そっちだよね~の結果。 それよりもつい最近、デイサービスで1日「運動会?」もどきが…

母からの依頼

先月、母からまた新たな布地の箱を渡された。 これで一体何個目? コットンじゃないから、洋裁素人には扱いにくいのだが、処分したらいいだけだなと有難く頂く。 と‥‥‥‥ 「そん中に、古い帯があんだろ?」 「あ、これね。」 「それ、おれ(この地域の超高齢者…

90歳母、9月のサポート記録(4)

滞在後半、弟から母宛に荷物が届く。 先日は、「リポビタンD」が 50本!Σ(・□・;) 糖尿病を抱えているのに‥‥‥‥血糖値スパイクが心配と連絡したはずなのに。 あの年齢なら、母にとって若いときから体にいいと慣れ親しんだ味は、安心感? いまさら持病の…

90歳母、9月のサポート記録(3)

「早く逝きたいんだけどの。」始まった! そこは反論してほしいのか、共感してほしいのか、ただ聞いていたらいいのか? 「その年で、動いていられるんだから、凄いことだよ。」と話を逸らす。 「そういえば、還暦の頃って本当によく歩いていたよね。」 60代…

90歳母、9月のサポート記録(2)

「こんにちは~」チャイムと共に、元気な声。 「あ~来ていたんだね。叔母さんの生存確認に来たよ。」 従姉の声だから安心と、タンクトップ(ブラトップ)姿で玄関に出ると、 従姉夫婦が! 慌ててTシャツを被る。 「あれ?エアコンついている?」 「うん、28℃…

90歳母、9月のサポート記録(1)

秋めいても、残暑があり、体調が気になって帰省。 「注射は、しねえんだろ?」 「する気なんか、ねえんだろ?」 さすがに母親だけある!確かに、今のところ新型コロナウイルスののワクチン接種は据え置き状態。 ちゃんと食事はとっていたのか‥‥冷凍庫は、ア…

今月も母のサポート行ってきます。

緊急事態宣言も蔓延防止等重点措置も未だ継続中。 幸い、わたしの住む地域も、母の住む地域も対象外! ただし‥‥‥‥村内放送は「県をまたいでの移動は、謹んで下さい。」から 「中止してください!」に変更された。 毎朝、毎晩繰り返され、「洗脳」?という単…

また電話⁈

母からの着信は「ドキドキ」。 前回の「朝顔電話」には、ほっこりしたが‥‥‥ 着信に気づかず、折り返して、10コールでも出ない時の「ドキドキ」も頂けない! 御年90歳、いつ何があってもおかしくないから。”まさか?” を想像する。 すると、慌てふためく様子…

90歳母、8月のサポート記録(4)

「おにぎりは要らんな。」「一回づつのご飯にする?」「それがいい。」どうやら、お粥にして食べることが増えたようだ。お昼には、のど越しのいい温かい麺を片栗粉で「餡」にした出汁で頂くのがお気に入り。20食以上残っている弟からのレトルト食品を消化す…