人生後半、遊び人

食べて飲んで、好奇心のまま動き回ることが大好き。

母 迷いごと

「あのしょ(あの人)の、ご飯は高級だ!」

高齢の患者同士で、お互いの食事を過大に想像して羨ましがっていた。

母の低空飛行

92歳の母、年に7回目の入院で衰弱はしつつも、低空飛行が続く。

相部屋で再会

7回目の母の入院で、前回と同じ部屋で相部屋の方と再会。病状とともに変化する高齢者の本音。

ひたすら待つだけの長い1日

92歳の母の、6月のサポート記録(2) 92歳の母は、退院して10日余りだが、体調はいまいち。 終末期で限界状態だから、当然。 でも前回入院時の約束通りに、退院したのでお寿司の用意だ! 好きなものはパクパクいっちゃう (笑) 適量を持参するために、…

92歳の母の自覚症状と現状の差

92歳の母が1年間で6回の入退院を繰り返し、とうとう特養から入退院の間隔が狭まったら、医療施設への変更を促された。

「腹が減って、寝らんね。」

10日余り帰宅して、帰省したら施設の食事が気にらなくて食べられず「腹が減って、寝らんね。」と、差し入れを完食。

特養からの着信に⁈

終末期で施設入所中の母。その施設からの電話は、昼だけお粥からおにぎりに変更の連絡(笑)

「生かされているのは、おれだけだかの?」

92歳の母の病室で、「生かされているのは、おれだけかのう?」と口にする。ご近所さんも兄弟姉妹も友人知人もほぼ他界。

一喜一憂に意味がない

92歳の母の6度目の緊急入院。終末期で限界でも、対症療法が終了して落ち着いたら退院!

賑やかな病室

92歳母、5月のサポート記録(10) 毎日の面会で、 「ぼうっとして時間が過ぎるのを待っているんだて。」 と言っている母だが、わたしが行くといつも寝ている。 その寝顔が、苦しそうで胸が痛む。 どす黒く、シミが浮いた顔が、生きている辛さを訴えている…

92歳の母、浮腫みが消えた!(笑)

92歳母、終末期で限界のはずが、入院4日目に、足の浮腫みが消えた。薬が効いて、症状も安定かな?食事への不満が出る。

92歳の母、終末期で限界でも退院できるの?

92歳の母が、1年で6回目の入院になった。終末期で限界でも退院てありだろうか?

朝一で、92歳の母が6回目の救急搬送

叔母夫婦のサポート中、二人ともわたしの帰宅早々に他界。母も?かと、高速を飛ばして駆け付ける。

92歳母の、ころころ変わる体調変化

従姉と母の面会に行き、体調変化の変わり具合に一喜一憂。実家は白アリが住処を拡大中!

92歳母、施設での学び⁈‥‥‥

92歳の母が看取り期になって、一緒に過ごす時間が増えて、骨折から2カ所の病院や施設の感想を毒舌を交えて聞いた(笑)

終末期‥‥‥‥食欲全開!

92歳母、終末期でも大好きな握り寿司に旺盛な食欲!

実家の雑用をこなす

実家の雑用をこなしつつ、母の死に装束を取り出す。別れが近いと実感。

施設から‥‥‥‥(⊙_⊙;)

施設から母の状態説明があり、嘱託医から終末期に入ったと宣言された。別れが近い。

施設のベッドで冷たくなるもあり!

92歳の母の入院から1週間、担当医の医師の説明は残酷だ。

自分の葬儀の心配

母92歳、終末期で食事制限があるが、どうしても食べたいファミマのたい焼きをこっそり差し入れる!

‥‥‥俺の祈りが通じたね‥‥‥

92歳の母の入院先に、こっそりと紅茶とチョコレートを一口だけの差し入れ

(;゚Д゚)‥‥‥どうゆうこと?

92歳の母が、終末期で限界に近いとと言われながら、入院3日目に食事をとり、落ち着いた!

終末期の限界に近い‥‥‥?

92歳で終末期で限界に近いと入院した母の食欲?一体子の様態をどうとらえる?

眼を開けない母

昨年から5回目の入院となった92歳の母。眼を開けることも無く、心臓と腎臓が限界に近いと知らされる。

来た!緊急連絡!

92歳の施設入所中で終末期の母が緊急搬送で、帰省

施設感染の疥癬、侮れない

老人施設での疥癬発症は侮れないと‥‥‥これに関する知識がなかった!

施設で何が起きているの?

92歳母が入所中の施設で、4月は面会中止になった。疥癬による発疹者が増えているらしい⁈内服薬の影響が心配!

動けない‥‥‥

久し振りの花粉症状の悪化で、くしゃみ鼻水、鼻詰まりで眠られずに、動けなくなった。

やっぱり怖い!施設からの着信!

慣れたようで慣れていない施設からの着信で、母の発疹で受診の連絡と面会中止連絡あり。

摩訶不思議な6時間余の車外の変化

92さいははの帰省サポートからの帰り、車外の景色の変化に摩訶不思議な感覚になる。