人生後半、遊び人

食べて飲んで、好奇心のまま動き回ることが大好き。

”卵巣嚢腫”‥‥‥空振り!

わたしの訴えを温かく聞き入れて、予約できたのは

開業して4年目の、産婦人科クリニック

 

全く、クリニックとは思えない建物に、

クリニック名からも産婦人科とは解らない。

近未来的な雰囲気に、好奇心がくすぐられる。

 

自然木をふんだんに使いつつ、贅沢な空間に、ホッとする。

 

受付で問診表を書き込む。初診とはいえ、予約制だから‥‥‥

いやでも、かなり無理を言っての予約‥‥‥にもかかわらず、15分位で、順番に。

その順番を告げるのは、手渡されたブザー。

あの、フードコートで渡されるブザー!‥‥‥プライバシーが守られている!

 

スタッフ全員が女性。当然ドクターも女性。

いくつかの質問の後に、”内診”"超音波検査" そして "子宮頸癌と子宮体癌検査"

産婦人科から遠ざかってうん十年。

内診の為の椅子は、桜色で上下して回転し、力を抜いていると‥‥‥開脚!

ちょっと驚いている間に、事は進み、ただひたすら

お腹の深部が、痛い!!!!!

超音波での子宮内の様子も、丁寧に説明されて、感心と感動。

 

がん検査の結果は、後日郵送になるが、ドクターの見解は

卵巣嚢腫は遺伝しません。卵巣は腫れていませんし、子宮も異常が見られません。

婦人科系は、今日の所見から、問題は無いかと思われます。

不正出血の場合、鮮血ではない出血が続きます。

もしかしたら、膀胱や大腸に問題があるかもしれません。

 

( ,,`・ω・´)ンンン? ”卵巣嚢腫” は空振り⁈‥‥‥‥

新たな不安が出現。

出血は、おしっこの時に再認識したから‥‥‥泌尿器科‥‥‥‥

 

クリニックは、痛みを除くと、居心地いい空間だった。